正月太りを1カ月で解消する誰でもできる簡単ダイエット!

正月太りには筋トレによるダイエットが有効!

正月太りは誰もに訪れる定期的な体重に関する悩みのようなものです。

私は正月太り対策として筋トレをおすすめします。筋トレはスポーツをする人のためだけでなく、ダイエット効果もあるので、体重を減らす方法としても利用できます。

筋トレをすることで筋肉量が増えて、体の代謝が向上するので、脂肪が燃えやすい体になります。同じ運動をしたとしても、よりたくさんの脂肪が燃焼するので、体重が減りやすくなるのです。身体に蓄積されている不要な脂肪を燃焼させることができたら、体重の減少に伴って、スリムなボディになることが可能になります。

体重を減らしたい時に筋トレをおすすめするのには、さらに別の理由もあります。筋トレをすることによって体の脂肪が分解され、その後にジョギングなどの有酸素運動をすれば、分解された脂肪が効率よく燃焼されます。脂肪が燃焼する体のメカニズムをよく理解した上で、筋トレと運動を組み合わせて実践すれば、体重を減らすことが出来るのです。

ジョギングは体全体を使った運動ですが、筋トレは特にシェイプアップしたい箇所を意識して実践すると良いでしょう。ダイエットエットに効果的な筋トレとしては腕立て伏せがあり、胸の筋肉が鍛えられるのでバストアップや姿勢の改善に効果的です。腹筋は下腹部の筋肉を鍛える効果がありますので、ウエストをスリムにしたいという人におすすめです。スクワットは、体の中でも特に大きな筋肉である大腿四頭筋やお尻の筋肉である大殿筋を鍛えることのできる筋トレです。

スリムな足、引き締まったお尻にするのに効果があるだけでなく、筋肉が大きい箇所の筋トレは体重を減らす効果も高くなるのでおすすめの方法です。

早く痩せて正月太りを解消するには

1日でも早く正月太りから元の体重に戻りたい人には気を付けなくてはならない注意点があります。

これまでダイエットの必要性を感じたことがないという女性は、珍しいようです。

引き締まった細い体ほど、見た目が美しいという考え方があるために、多くの人が外見を改善するためにダイエットをした経験があります。

急激なダイエットは体に負担がかかるだけでなく、場合によっては健康を加害することもあるので、慎重に行わなければなりません。身体に負荷をかけず、健康や美容にも配慮したダイエットをするならば、時間をかけてじっくりと体質改善に取り組むべきです。

期日までにスカートがはける体型になっていたかったり、発表会が迫っていたりと、早く痩せるべき時もあります。できるだけ早く痩せる方法を実践しなければいけないという状況になることは、ないとは言えません。食事量を減らす時に、炭水化物を摂らないことに重点を置くダイエットをすることが、早く痩せる方法になります。

食事から炭水化物を抜くと、糖質が摂取されなくなります。その場合、身体は脂質を燃やしてエネルギー源にしようとします。炭水化物は身体に必要不可欠な栄養素であるため、毎日の食事から炭水化物を抜いてしまうのは、本当は体に良くはありません。

体にとってなくてはならない栄養素を抜くのですから、一時的なダイエット方法に留めるべきです。炭水化物を食べないことは、早く痩せることを重視するならいい方法ですが、ずっと続けていると身体に異変が起きやすくなります。早く痩せるには、炭水化物を食べないダイエットも選択肢の一つになりえますが、リスクを考え方上で、身長に実践する必要があります。
正月太りと脚痩せダイエット

正月太りを解消するのをきっかけに脚痩せダイエットに取り組んでみてはどうでしょうか?

スラリとした下半身や、引き締まった足のラインに憧れて、足やせ効果があるダイエット方法を探す女性は大勢います。

ダイエットをして、お肌のお手入れをして、少しでも美しくなりたい女性の思いは、自分の身体に対する劣等感の軽減などに関わっています。足が太いことを気にしていて、ダイエットでスリムな足になりたくて足やせダイエットをしているという人もいます。

体の他の部位と比較して、足やせを目指すダイエットはなかなか大変なものです。人間の体は、心臓近くが最も代謝しやすいので、心臓から遠いほど痩せにくくなります。この体の特徴から、心臓から離れたところにある足は、ダイエット効果が出にくい場所になるのです。

足やせダイエットは一朝一夕での効果は現れませんが、足やせにいいことを継続することで、徐々に足が引き締まっていきます。おすすめの足やせダイエット方法は、下半身のリンパの流れをしっかり揉みほぐすことです。リンパの流れが円滑になるように、マッサージ用のオイルやクリームを指の腹につけ、優しく揉みほぐします。

正しい足やせのマッサージをしていると、足にアザができるくらい強く揉みほぐすことになりますが、効果は得られます。下半身を使う運動をして、足の筋肉を十分に刺激した日は、下半身マッサージで筋肉のこわばりをほぐしましょう。トレーニングにより乳酸が溜まった足は浮腫みを伴いますので、しっかりともみほぐしてあげましょう。

正月太りを予防するメタボ対策は重要

正月太りを解消することを考えるのと同時に、翌年は正月太りで悩むことのないように予防することが大切です。

メタボに対する対策を十分に行うことが、健康であり続けるためには大事です。

メタボについての情報を整理して、その対策を考えていく必要があります。メタボとは内蔵脂肪型の肥満であり、加えて高血糖や高血圧、脂質異常などの症状が組合わさった状態のことをいいます。生活習慣病を予防するためにも、もしもメタボと診断されたら、早期に対策を立てておくことが重要になります。

メタボの増加は、社会でも重大な問題です。メタボ体型の人が消費する年間医療費は、健康状態がいい人よりもずっと高くなります。傾向として、中年から壮年男性がメタボのリスクが高めです。運動量も減り、食事が後回しになり、事の重要度が増して、食生活に気を使えない人が多いためです。

メタボになりやすい男性は、脂質と糖質ばかりが多い食事をしていたり、運動をしていなかったりもします。生活習慣病になる可能性が高いメタボの人は、すぐにでも対策をして、自ら率先して生活習慣を改善する以外に方法はありません。メタボ対策には食生活の見直しは重要で、カロリーオーバーとなる食事や塩分、糖分、脂っこい食べ物を控えてバランスの良い食事にすることが大切です。

メタボ対策効果が高い運動といえば、ジョギングや、ウォーキングなどの有酸素運動なので、ぜひ実践してみてください。仮に、メタボ対策を十分にしないでいるうちに高血圧や糖尿病の症状がひどくなれば、食べていいものが一層減ります。体が必要としている栄養をとれる食事や、適度な有酸素運動を習慣づけることは、メタボ対策になるだけでなく、健康的な生活を送る上でも役立ちますので、ぜひ実践してみてくだい。
それって本当に正月太り?

正月太りを解消することを考える前に、あなたの体重が本当にダイエットをする必要があるのかを考えることが大切です。

太っていることを漠然と肥満体型という人が多く、明確な定義というよりイメージで表現していることがあります。

本来、肥満体型とは、医学的に一定量以上の体脂肪が蓄積されている状態のことです。体重が多いだけでなく、体脂肪率が高い状態でなければ、肥満という言い回しは不適切です。決定的な要素にはなりませんが、体重があることは肥満である可能性もありますので、ないがしろにはできません。

身長に対して太りすぎていないかどうかを知る尺度にはBMIがあり、客観的な数字て肥満かどうかの判断ができます。BMIの計算はされほど難しくはなく、身長と体重があればわかります。自分の標準体重がいくつか知りたい場合は、身長×身長×22がおおよその数字になります。

しかし、BMIは身長と体重からだけで判断をしていますが、その時身体の中で何が発生しているかまでは見えません。体脂肪率や、筋肉量に関係なくBMIは決まります。従って、BMIが同じ人同士がいても、肥満の度合いが必ずしも一緒とは限りません。

カロリー過多な食事をしていたり、運動をしない生活を送っていると、BMIは標準でも脂肪がつきすぎていることがあります。肥満かどうかを知るには、身体の状態を計測する必要があるでしょう。適度な運動をすることや、規則正しい食習慣を維持すること、食べ過ぎを未然に防ぐことなどが、肥満対策と健康増進には必要です。